長期間家を空けるときには、不在ではないように見せかけることが重要です。

買って良かった 憧れの一戸建て
サイト内検索(by Google)
買って良かった 憧れの一戸建て

空室に見せかけない

買って良かった 憧れの一戸建て
一戸建てを購入すれば、自分の家のセキュリティをしっかりと行う必要があります。
そこで重要なのは、長期間外出する場合です。
年末年始やお盆休みには帰省するとか、どこか旅行に出かけるという人も多いのではないでしょうか?
そのようなときには数日間、自宅を開けることになります。
ここで重要なのは、家が不在であることを周囲に悟られないようにすることです。
そのためには、いくつか準備すべきことがあります。
まずは、新聞です。
新聞を取っている家庭もあるでしょうが、もし新聞が一戸建てのところのポストにはみ出ている状態であればどうでしょうか?
「この一戸建ては不在です」とアピールしているようなものです。
そこで新聞の販売店に、外出している期間中は新聞を配らないようにお願いしましょう。
また一戸建てのある地域のよっては、近所で回覧板が回ってくることもあるかもしれません。
その場合も不在中に回覧板が来れば、そこで止まってしまいます。
その場合には、隣近所の方に「いついつまで家を空けますので、回覧板はまわさないようにしてください」と一言声をかけるようにするといいでしょう。
また多少電気の無駄遣いになってしまうかもしれませんが、照明をつけておくことも重要です。
こうすれば、夜間誰かが家の中にいるように見せかけることができ、泥棒や空き巣のターゲットにされるリスクを軽減することも可能です。
特に重要なのは、道路に面した部屋の電気をつけておくことです。
そうすれば、はっきりと外部からその明かりが確認できるので高い効果が期待できます。
また門燈があれば、門燈をつけっぱなしにしておくことも効果的といわれています。
できるだけ目立たないように仕事を済ませたいのが、空き巣や泥棒の本音です。
ですから、日中目立つような時間帯ではなく、夜間にひっそりと行うことが多いわけです。
その中で、明るい光があることは決してプラスではありません。
ちょっとした工夫でも、十分な防犯効果が期待できます。

関連サイト

Copyright (C)2018買って良かった 憧れの一戸建て.All rights reserved.