もし一戸建てを選ぶにあたって、夫婦間の意見が対立した場合にはどうすればいいのでしょうか?

買って良かった 憧れの一戸建て
サイト内検索(by Google)
買って良かった 憧れの一戸建て

夫婦で意見が衝突したら

買って良かった 憧れの一戸建て
夫婦の間で一戸建てを購入するにあたって、意見が衝突してしまうこともあります。
特に一戸建ての場合、一生に1回購入できるかどうかの高い買い物になります。
もし夫婦で一戸建て選びの意見が衝突してしまった場合には、まずお互いに一戸建てに対して何を希望しているのか、上位10個くらいをお互いに書き出します。
そうすることによって、お互いが一戸建てに対してどのようなことを求めているのかをはっきりと認識できるようになります。
そしてお互いのトップの希望条件をチェックしましょう。
そしてまずは、お互いの希望する条件がマッチしている一戸建てにターゲットを絞ってみることです。
その上で、10個ずつ出した項目の中で何をピックアップしていくのかを話し合って決めていきましょう。
こうすることで、夫婦の一戸建てに求める条件が決まりやすくなります。
加えて、お互いの希望条件を意識できるので相手の希望する条件も含まれているかどうかを意識しながら、一戸建て探しができるメリットもあります。
またどちらが家における役割のウェイトが大きいかを比較することも重要です。
もし専業主婦の場合には、在宅時間が圧倒的に妻の方が長くなります。
その場合には、妻の意見を優先させる必要があります。
また共働きの場合でも、お互いが仕事をしている平日の家事や育児を負担する割合が妻の方が多かった場合には、これも妻の件が優先されるべきと思ってください。
また家の間取りによって、掃除の手間が大きく影響を受けることもあります。
もし共働きで、夫婦の家事や育児の負担割合もほぼ一緒ということになれば、掃除の担当をしている人の意見を尊重することで問題を解決する方法もあります。
また女性で、なかなか自分の意見が反映されない場合には、不動産会社に行って女性の担当者をつけてもらう方法があります。
家事の大変さを女性の方が共感してもらいやすいので、お互いの会話の中で男性にアピールする方法をとってみるのも有効です。

Copyright (C)2018買って良かった 憧れの一戸建て.All rights reserved.