家にいる時間が最も長くなりがちな妻は、どのような視点で家選びをしているのでしょうか?

買って良かった 憧れの一戸建て
サイト内検索(by Google)
買って良かった 憧れの一戸建て

妻の家選び

買って良かった 憧れの一戸建て
一戸建てを購入するときには、妻の意見をいろいろと尊重すべきでしょう。
特に専業主婦の場合、もっとも家の中で長い時間を過ごすのは妻になります。
ところで、専業主婦は一戸建てを購入するときに、どのようなポイントに注意して物件探しをしているのでしょうか?
まずは、できることならワンフロアの物件を求める傾向があるようです。
家事をするときに洗濯や掃除などで、部屋の中をいろいろと移動する必要があります。
そこで階段があると上り下りを何度も、しかも毎日繰り返すのが大変と感じている人も多いようです。
最近では一戸建てではなく、マンション購入を希望する人も多いといわれています。
これももしかすると妻の、階段を使っていろいろと移動したくないという本音が影響されているのかもしれませんね?
また日当たりを重視している専業主婦の方も多いといわれています。
これは、日ごろ日中は仕事に出ていない夫からしてみると、あまり理解できないことかもしれません。
日当たりの悪い一戸建てで暮らしていると、それだけで家事をするモチベーションが低下してしまうと感じている人は少なくないようです。
また日当たりが悪い一戸建ての場合、部屋が多少汚れていてもあまり目立たなくなってしまう傾向もあります。
その結果、汚い家になってしまうことを恐れる妻の方は多いようです。
また日当たりのいい一戸建ての場合、冬場多少寒かったとしてもかなり涼しく快適に過ごすことができます。
このようなこともあって、日当たりの良し悪しにこだわる方が多いようです。
また立地条件を重視している専業主婦の方も少なくないようです。
特にスーパーなどの日用品を購入できるような施設がどこにあるかをチェックしている人は多いようです。
専業主婦の意見を見てみると、非常に合理的に一戸建てを選んでいる傾向があります。
デザインや部屋の内装は後でリフォームをすることによって変えられるので、購入して変えられないところを重視する傾向があるようです。

関連サイト

Copyright (C)2018買って良かった 憧れの一戸建て.All rights reserved.